こんなに豊富!貸切バスの車種

貸切バスとは、バス1台をまるごと借り切って、移動手段として利用できるサービスです。車内には関係者しか乗っていませんから、車内の広々とした空間を自由に快適に使う事ができるのです。まさに夢のような移動手段です。貸切バスを利用する場合には、利用人数が多ければ多いほど一人当たりの料金が安くなります。
また、貸切バスにも大型だけでなく、非常に多くの車種があり、用途や料金に応じた車種選択が可能になっています。貸切バスの車種のうち、最も小さなものが「ミニバス」です。別名を「ジャンボタクシー」、「コミューター」とも言います。

ミニバスの利用定員は、最大で13名です。一般的なタクシーでは分乗する事になりますし、かと言ってマイクロバスでは大き過ぎる、そんな場合にとてもリーズナブルに利用できます。ミニバスの中には、車椅子での利用に対応した福祉車両もあります。少人数での利用の際にどのようなミニバスがあるか、各バス会社に問い合わせてみましょう。

貸切バスの車種のうち、小型なものがその名もズバリ「小型バス」です。全長は7m、車幅は2mで、定員は20名から25名です。シートは5列のものが多く、正席が20席になります。ただこの小型バスについては、一つ重大な注意点があります。実は各メーカーの小型バスの生産は、既に終了しているところが多いのです。
そのため小型バスを所有するバス会社も年々減っています。人数や予算の都合で小型バスを使いたい場合には、必ず所有の有無を各バス会社に問い合わせましょう。

貸切バスの車種の一つに、「中型バス」があります。ちょうど小型と大型の中間サイズになります。全長は9mで、車幅は2.5mです。シートが6列の場合は正席25席、5列の場合は正席20席となっていることが多いです。中型バスについて注意すべき点は、補助席の有無です。
多くのバス会社は、中型バスに補助席を取り付けていません。何故かと言うと、補助席を付けて定員が30名を超えてしまうと、高速道路において特大料金が適用されてしまうからです。各バス会社はその分の費用を利用者に負担させたくないので、やむなく補助席を付けていない場合が多いです。

貸切バスの中で最も大型のものが「大型バス」です。最大60名まで利用できます。車幅は全車両共通で2.5mです。全長10mが一般的で、正席が45席、補助席が8席から10席となります。最大60名まで利用可能なものは全長11mあり、正席49席、補助席11席となります。非常に多くの人数を一度に移動させる事ができる大型バスですが、さすがに大人数での利用になると、少し車内スペースを窮屈に感じるかも知れません。しかし荷物の保管スペースが最も広いですから、長距離移動や宿泊を伴う旅行に最適なのです。