貸切バス会社の選び方

貸切バスは団体旅行で利用するケースが多く、その代表的なものの1つが社員旅行です。最近では、若い人の参加率が低く、社員旅行を中止する会社も増えていますが、やはり社員旅行は社員間の親睦を図り、親しくなる機会としては絶好のイベントで、継続したいものです。
そんな社員旅行で利用する利点としては、自分達で事前に自由に旅行計画を組み、その観光スポットを効率良く巡る事ができ、また公共交通機関を乗り継いで旅行する様に参加者がバラバラになりにくく、幹事が気をもむ事もありません。その上、貸切バス内でも他の人に迷惑を掛ける心配がなく会話を楽しむ事ができ、社員旅行の目的である親睦を深める効果をさらに期待できる点が最大のメリットと言えるでしょう。

団体旅行の代表的なものとして、遠足も挙げられます。遠足は、一般的には学校に集合し、学校に戻って解散するのが普通です。貸切バスを利用すれば出発から帰着まで、すべての道中を安心して任せる事ができるのが最大のメリットです。
引率する教員も児童や生徒の点呼がし易い点でも安心です。また遠足は子供達の楽しみであると共に、教育的要素もあり、こうした点に配慮した行程を自由に組む事ができ、さらに車内でクイズに興じたり、一緒に歌を楽しんだり、クラスの団結を図る効果が得られる事もメリットと言えるでしょう。

貸切バスは、社員旅行や遠足での利用以外にも、冠婚葬祭時に地元から会場までの送迎に利用する事もでき、多くの人を自由な工程で安全かつ安心して移動するのには最も適した手段だと言えます。また利用するメンバーが揃っているかどうかの点呼も容易で、幹事や教員等のまとめ役や引率者にとっても気苦労が少ないと言う点もメリットです。
また貸切バスは、それ以外にも不便な立地にある学校や会社のスクールバスや専用の通勤バスとして利用する事も可能であり、上手く活用すれば自前でバスを保有するよりも格安で済むと言う経済的メリットを得る事が可能です。

団体旅行では、旅行会社に昼食をとるレストランや貸切バスの手配をお願いするケースが多いものです。しかし個別に手配する方が安い場合もあり、またバス会社を自由に選ぶ事も可能です。ネットで貸切バスと地域をインプットすれば、多くのバス会社がヒットします。そこから各バス会社のHPに行き、選定のポイントとなる項目を自己評価し、比較検討の上で予約するのがベストでしょう。

比較検討すべき項目は、料金のみならず、安全運行に対する企業の姿勢、色々な定員の車種を保有している等、総合的に判断する事が重要です。貸切バスを選ぶ際には、単に料金のみで決めるのではなく、その会社が安全運行にどれだけ注意を払っているかと言う事も大きなポイントとすべきです。
HPでその会社の安全運行に関する姿勢を乗務員教育や勤務体制などからしっかりと推察する事が大切です。その上で自分達の利用人数を考え、最適な車種を保有しているか、またトイレ付きのバスやサロンカーが良いといった希望条件の車種を保有しているかとなどの項目を加味して、会社の選定と車種の選定をすべきでしょう。